君を知り尽くしちゃって

元気に生きて、一度死んで、生き返った。

大倉に着地するまでの、半年の話。

 

降りるにあたって、いろいろ書き連ねましたけど、その降りるまでもいろいろあったのです。

 

 

12月、クリパ。最後に関西の現場に入ったのが、確かこの時。自名義で、公正であろう抽選でもぎ取った、最前列のチケットで入ったのが、私にとって最後の関西の現場になりました。
(エイトのJBで、初めて東京ドームのアリーナ入ったのもそうだったけど、降りる間際に良席ぶち込むのやめてほしい)(これもちゃんと自チケ・自名義)

 

ちょいちょい康二くんに構ってもらったりもしたけど、前よりもファンサとか銀テにがっつくこともなくなり。「私落ち着いたな〜」って他人事のように思ってた。

 

それから1ヶ月後?くらいに、局メの最後に「これが最後のメールです」的な文が書いてあった。


リニューアル後の更新、しなきゃしなきゃと思いながらも結局しなかった。その当時は飽きたとかではなく、端的にお金が無かった。
でも今思えば、以前だったら無理にでもお金かけて振り込んでたんだろうけど、それすらしなくなったから、やっぱり気持ちは離れてたんだろうね。
ということで気付いたら局メが来なくなり。

 

私自身の忙しさもあって、Twitterもリア垢くらいしか開いてなかった。

 

そのタイミングで、元々好きだったハロプロとYouTuberに、さらに深入りしていった。

 

 

2月、新橋の東西。名義が無い私は、お友達の名義を借りて申し込んだものの、1名義じゃそりゃ当たるわけもなく。

結果チケット探して入ることもなく、レポを追うこともなく。そもそも忙しすぎて、現場の予定を入れてる場合じゃなかったのよね。

 

 

3月、春松竹。どうやら新橋から続編?的なことらしい。

忙しすぎて(略

 

 

飛んで6月、前の年に初めて入ったHey!Say!JUMPのコンサートDVDが発売されるらしく、私のジャニオタ史上初めて 関西人以外のDVDを購入。


入った当時もそうだったけど、光にずぶずぶになりました。
だって銀髪メガネでベースの再来だよ??抗う方が無理じゃない???

「Chiku taku」のリピが止まらない。ついでに「今夜あなたを口説きます」も見まくった。「Masquerade」で光が腰回してたの見て、私が腰抜かしたのも思い出した。


JUMPの曲を携帯に落としまくった。
毎週火曜日のヒルナンデスを、ちゃんと毎回見るようになった。

 

 

そうです。大倉に降りる前に1度、光に本当に降りかけたのです。降りることを真剣に考えたのです。

 

 

結構本気で光に降りることを考えて。
だったらキリよく、21日には康二くんの誕生日だし、その日でお終いにしようと決めました。

 

21日の夜、携帯から康二くんの画像を消そうと思い、カメラロールを開く。

 

無理だった、消せなかった。
いざ顔見たら、やっぱり好きだなあって思った。

 

タイミング悪く、その時に私は疲れるようなこと・悲しいこと・悔しいことが重なって。

光にずぶずぶでも、やっぱりメンタルには来てたみたいで。そんな時に康二くんを見たら、不思議と幸せな温かいもので胸がいっぱいになった。

あーダメだ、これ降りられない。

そう思い知らされて、止まった。
それが、6月21日の話。

 

好きになってから13年経って、結局光のことは好きなんだけど、担当にはなり得ないらしい。

 

そんなこんなで「康二くんのことがやっぱり好き!」と思い直し、「まあしばらくはゆるっといよう、そのうちまいジャニが見たくなる日も来るし(半年くらい見てなかった)、現場に行きたくなる日も来るよね」と立て直した。

 

 

その日が来ることなく、例の「勝手に仕上がれ」を発見する日を迎えることになる。

 

 

光に降りかけ事件を経て、私の好みって結局小さい頃から、おたくになった頃から変わらないんだなぁと感じた、半年のことでした。

もう一度恋をした、君へ

 

9年前の9月、私はその人を好きになりました。

4年後の5月、彼から離れました。

そしてそれから 5年後の7月、もう1度彼のことが好きになりました。

 


離れたきっかけは、私の中の彼のイメージと本当の彼の姿が違うと気付いたこと。
私の中での大倉忠義は「天性のアイドル」だった。
カメラアピールが上手くて、スタイル良くて、ダンスも歌も上手くて、ドラマもたくさん出てて、MCとかトークは苦手だけど、アイドルだもん。しょうがない。それが、私が大好きだった時の、私の中の大倉忠義


でも本当の彼は、そんなアイドルの姿を努力を重ねて作り上げた人だった。

それが、何故かショックで悲しかった。今となれば、そんなものファンのエゴでしかないのに。

16歳の高校生にとっては悲しかったけど、20歳の大学生にとってはそれがどんなにすごいことか、今は理解したつもり。

 

 

それからグループを箱で推し、すばるの団扇を持ったりもして。

 

でも好きになって5年目、ついに応援することも止めてしまった。何となく応援が義務になってしまって、楽しくなかった。

 

その頃、私にとって応援するのが楽しくて仕方なかったのは、関西Jr.になり。当時住んでいた群馬と大阪を往復しまくった。

 

 

エイトから離れて4年後、その関西Jr.を応援することも止めてしまった。

自分自身に余裕がないこと、アイドルではなく自分に投資をする楽しさを知ってしまったこと、いろいろな理由が重なったけど、気付いたら出演番組を見なくなり、雑誌を買わなくなり、現場にも行かなくなっていた。

情報局の名義も、気付いたら更新期限が過ぎていた。

 

 

ある日、YouTubeで何となく、エイトの「勝手に仕上がれ」を検索した。

寮の先輩にたまたま借りたいろんなアーティストのCDに、元気が出るCDが入っていて、携帯に入れたおかげで曲は知っていた。

でもそれは、ファンとしてではなく、一般の人として。

 

ドリフェスの「勝手に仕上がれ」を見てしまった。

痺れた。かっこよすぎた。私が最後に見た関ジャニ∞とは、違うように思えた。

 

私が最後に見た関ジャニ∞は、アルバム「JUKE BOX」を引っさげてのツアー。

アーティスト・バンド路線を強め始めていて、アイドル路線を望むファンから戸惑いの声をたくさん聞いた。私が最後に入ったエイトの現場も、同じくJBで、何となく会場が盛り上がりきってない雰囲気を感じた。

 

それが4年経ったら、会場を丸ごと巻き込む熱すぎるアーティストになっていた。

それは、関ジャムが始まり、本人たちの音楽の熱量を活かしきれるような土台ができたことが、きっと理由なんだと思う。すごくイキイキしていて、その動画の再生を何度も繰り返した。
それからNOROSHIを見て、ズッコケのバンドver.も見て、その3曲をエンドレスで再生。

 

久々にエイトを見たら、素直に楽しめた。

 

流れるように、同じ先輩から十祭DVDを借りた。

私が好きになった時には、デビュー4年目のまだまだ若手だったエイトは、もうデビューから10年を超えたグループに、気付いたらなっていた。

 

十祭の内容は、めちゃくちゃ良かった。

正直、そこまで期待してなかった。だって、何とも言えない空気のJBで、私の中の最新のエイトは止まってたから。

 

雨の中、どんどん強くなる雨にも負けずに、声を張り上げてeighterを煽りまくってた。
ジャニーズメドレーは小ネタが多すぎた、初見じゃ追いきれなかった。
三馬鹿の「仮面舞踏会」は、なかなかに好きだった。横山さんが腰を振れたことに、私は感動した。
山田の「硝子の少年」が耳に心地よすぎて。マルちゃんがあんなに歌が上手かったこと、実は安定感がありすぎること、eighterだった当時は気付かなかった。それは「愛・革命」も同じ。
アンダルシアの大倉で、軽率に孕んだ。
信五のラップ、日本語が耳に入って来やすすぎた。ラップとしてどうなんだろうそれ。
エイトレンジャー、CPが天才的。ゴリラと呼ばれて半べそのナスが愛せる。突然の世にも奇妙な的展開のブルーが怖すぎて。
アコースティックコーナー、マルちゃんのはにかむ顔が愛おしすぎた。信五のピアニカが平和の象徴すぎ。
オモイダマはリリース時、正直すごい嫌いだった。何でだかは、覚えてないんだけど。でも今聴いたら、すごい励まされた。
リリースから8年経ったら、さすがにブリュレはしんどそうだった。
YPSが初披露って言ってたけど、そういえば。その辺の記憶あるあたり、私eighterだったんだね。
気まずいは相変わらず気まずいし、横雛tornは何かもうエモすぎだし、マルちゃんのわたし鏡がオリジナルに聴こえるレベルだし、パンパンだはあざとすぎる。

 

良かったところ、言い出したらキリがない。
気付いたら横山さんの挨拶で泣いてて、ロマネスクの「でも僕は変えないよ 好きやと言うから」「やっぱり好きやねん」でまた泣いてた。

 

「あっ、やっぱり私、エイトが好きだ。」って
気付いてしまった。


同時に「実はまだ大倉のこと、好きなんじゃない?」って、考えてしまった。

 

降りてからも、クロニクルとかはたまに見ることがあって。
私が降りてから、大倉ってすごく変わったと思う。

バラエティやMCの時の在り方とか。前はあんなに、大声で笑ったりしてなかったと思う。テレビで毒なんか吐かなかった。

 

きっと大倉のことが好きだった当時、彼がそんなことをしたら、すごく悲しんでたと思う。勝手に傷ついてたと思う。
でもそれなりにいろんな経験をして、少し大人になった私には、そんな彼がすごく人間らしく愛おしく思えて、いいなとさらに感じてしまった。


私も彼も、この5年で変わったんだ。

 

 

そんな変化を経た私は、変化を経た彼を、また好きになりました。

 

5年ぶりに恋をした、大倉忠義くんへ。

 

また、好きになってもいいですか?

大好きだった、君へ

思えば、好きになった頃のあなたは泣き虫で弟っ子だったね。誕生日のサプライズが嬉しくて泣き、ドッキリを仕掛けられてネタばらしで安心して泣き。なにきんちゃんの中でも最年長なのに、誰よりも甘えん坊でくっつきたがり。ゼロ距離なんてしょっちゅう。


そんな彼は、私が好きになって4年経ったら、たくさんの後輩に慕われる、関西Jr.の頼れる兄貴分になってました。「怒ること」について悩んでいた話を読んで、本当にびっくりしたんだよ。
それでも、まだ甘えたがりは残ってるかな?そんなところも愛おしいです。

 

WESTがデビューした頃に「もう泣かない」って宣言してたけど、本当に泣かなくなったね。私があれから、康二くんの涙を見たのは演技だけのような気がする。

柊真の最後でさえ歯を食いしばって、頑張って泣かなかった。固い絆で結ばれていた仲間とも、離れ離れになった。大切な仲間を見送ったこともあった。それでも強くいることが、康二くんには求められて、それを彼は実現していった。

強くなると同時に、きっとどこか強がってる部分もきっとあるだろうなと不安で心配だったのが、本音です。

 

 

パフォーマンス、本当に本当に成長した。
今、たまに2011〜13あたりのパフォーマンスを見ると、いろんな仕草が変わってないの。首の動かし方とか、歌ってる時にメンバーに笑いかける時の表情とか。
そんな「らしさ」の部分は残しつつも、ダンスは指先までどんどん綺麗になるし。キレも増して、踊っている時の目線まで気をつけるようになって。

自分のチャームポイントを活かす、って簡単なようで難しいことなのに、康二くんはそれが出来る人でした。


一時期のまいジャニで、歌はかなり不安になったけど、今ではどれだけ激しくてもかなり安定するようになったね。フェイクや高音のパートも任せてもらえるようになった。

個人的には、元担がやっていたBlow outのラップをやってくれたことが嬉しかった。


日生2015の青春アミーゴは、私が今まで好きだった人の中でも、ベストパフォーマンスです。

今までの康二くんのパフォーマンスで、好きな曲なんて、挙げたらキリがない。それくらいどの曲も完成度を上げて、私たちに魅せてくれる、自慢の好きな人。

 

 

考えたら、松竹映画は皆勤賞なんだね。寮フェス・太秦・忍ジャニ・ドリステ、そして今夏の新作。

現場のスタッフさんにも絶大な信頼を置かれていたと聞いて、ファンは鼻高々でした。

 

2015年辺りから、演技がめきめき変わりだして。

私は、向井康二の演技の魅力は「負の感情」だと思う。康二くんの演技を見て流した涙と、感じたドキドキはきっと忘れないです。

 

 

まいジャニが始まった頃は、台本通りに進めるのも やっとだったMC。最近その座は大ちゃんに譲ったけど、たまにMC席に立っているのを見ると、懐かしいし安心する。

 

目立ちたくて、笑いを取りたい一心の時期もあったね。

けど「どうしたら仲間を上手く活かせるか」を考えてもがいていた時期を思い出すと、もう思い出にして笑えるくらいには変わったね。

エイトのMCじゃないけど、MCコーナーで康二くんと柊真が回していると、安心して見てられたなぁってたまーに思い出してた。

 

だけど笑いを取りたい姿勢は、やっぱりまだ残っていて、一発ギャグをめげずにやる姿勢は尊敬もの。

ゴイゴイスー、あそこまで浸透したのはすごいよ、人のギャグなのに。

ただ、そこまで一発ギャグに頼り続けてたのに、日生2015で封印して、お笑いコーナー担ってたのは、すごくかっこよかった。

お笑いでかっこよさ感じちゃうのが、康二くんの人、って感じだよね。

 

 

関西Jr.にとっては、念願のちゃんとした全国ツアー、そして私が初めて康二くんの団扇を持った、全ツ2013
降りる!マリウスと掛け持ちする!って決めた、日生ANOTHER
私にとっての初松竹で、初めてなにきんちゃんがメインになった、今振り返ればどん底だった春松竹2014
ずっと隣にいた柊真を見送った、春松竹2015

きっとこのタイミングで、康二くんの演技が何か変わったような気がした、少年たち2015

 

思い返すと、いろんな彼の転機も喜びも悲しみも悔しさも、リアルタイムで一緒に乗り越えて。
たくさん泣いて悔やんで怒ったりもしたけど、それを超えるくらい笑顔にしてくれて、楽しませてくれて、幸せをくれて。
いろんな想いがありすぎて、なかなかまとまらないけれど、康二くんを好きになれて良かったなって、本当に心から思います。
感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さよなら、じゃないつもりではいる。
康二くんがデビューすること、私は夢だなんて思わないよ。実現可能だよ。何なら現実になると思うんだよ。


だけどごめんね。私はあなたの夢を、叶うまで1番に応援はしてあげられなさそうです。

 

私の大好きだった人、向井康二くんへ。

 

4年10ヶ月、幸せにしてくれてありがとう。

ジャニヲタになったきっかけ

4年ぶりくらいにブログを作った。最初に書くなら、何となくこれかなと思ったテーマ。お題とかまだよく分からないから、あとで編集できるのかなこれ。


私が「ジャニヲタ」という自覚を持った時に好きだったのは、関ジャニ∞大倉忠義。それまでにSMAPの中居くんとか、斗真くんとか、ジャニーズで好きな人は何人かいたけど、のめり込んでいったのは大倉が最初だった。

初めて大倉を認識したのは小6秋に放送されていたドラマ「ヤスコとケンジ」。最終回直前の回で、多部未華子ちゃん演じるヤスコを、大倉演じる椿くんが抱きしめるシーンで完全に撃ち抜かれた。このドラマは初回から見ていたはず。なのに、それまで大倉のことをかっこいいと思ったことが無かった。「抱きしめる」という王子様的な行動があって、やっと堕ちた私はなんて安易。その日に椿くん役の人をネットで調べて、大倉忠義を認識した。


それから来る日も来る日も、頭の中は「大倉くん」。でも他の人にはそれが言えなかった。だってまさかジャニーズを好きになるなんて、自分が1番思ってなかったし、心のどこかで「それが恥ずかしいこと」みたいな考えがあったんだと思う。「ジャニヲタ」という事実が晒せるようになった経緯は、追々。

言えなかった理由は、もうひとつ。自分のキャラクターと違う好みにのめり込みそうだったのが、怖かったから。それまでの私は教室でずっと本を読んでいる、根暗を体現したような子供だった。毎日図書館に通いつめて、授業中にも本を読んで、先生に怒られてた。それでも無視して読んでたくらいだから、なかなか面倒だったと思う。 クラスには友達がいなかった、確か。誰とも話さない日があるのはザラだったし、捻くれてたからそりゃ誰も話したがらないわな、って。数少ない友達には「演歌が好きそう」って言われてた。


そんな自分のイメージギャップと苦しんで、好きなことを認められなかった9〜11月を経て、12月に突入する。年末音楽番組の放送が始まった。2008年、関ジャニ∞は「無責任ヒーロー」が月間売上自身初1位(確か)を記録して、どこの歌番組でも無責任ヒーローを歌っていた。私はそれまで「大倉忠義」は好きだったけど「関ジャニ∞大倉忠義」は知らなかった。でもWikipediaから得た知識によって「あっ関ジャニ∞って大倉くんがいるグループじゃない?」程度の軽い気持ちで、歌番組を見ていた。
軽い気持ちだったはずなのに、大倉の台詞「頑張れ日本!」で簡単に堕ちた。「アイドル 大倉忠義」に簡単に堕ちた。胸がキュッ、てなった。今でも結構鮮明に覚えてる。

それからえげつないくらい、YouTube無責任ヒーローのPVを見て、関ジャニ∞自体も好きになり、ジャニヲタの完成である。


ジャニーズとは相容れない性格と生活で生きていた私だけど、テレビを見ることはずっと好きで。一人っ子なうえに、親が働いていたから、テレビが家族レベル(ちょっと盛った)で毎日見てた。その中でも好きなジャンルは連続ドラマ。昼ドラも見てた勢いで好きだった。この好きが高じて、最終的にヲタクになったから、当時の私は本だけにのめり込んでなくて、本当に良かったと思う。

エビのクレアクじゃないけど、本当に転げ落ちるみたいに加速したんですよ、いや本当に。